脂肪を減らす方法

腫れや出血を少なくするために改良がおこなわれてきました

脂肪吸引は脂肪細胞を除去することで確実に細くなる施術です。1980年代から始まりました。カニューレを挿入して機械で脂肪を吸引しますが、血管を傷つけることもあり、出血が多という点が問題でした。 1990年にチューメセント法が開発されました。これは、止血作用と鎮静作用のある薬を生理食塩水に溶かした溶液を注入してから、脂肪吸引を行う方法です。皮下脂肪が膨らみ柔らかくなるため、血管を傷つけることが少なくなり、劇的に出血が少なくなりました。 現在は、原理的にはチューメセント法をもとにした方法で脂肪吸引が行われています。最新式の脂肪吸引では、カニューレの先から超音波を出し、直接脂肪層に働きかけ、脂肪層を破壊してから吸引します。 このように脂肪吸引はいかに組織を傷めずに脂肪のみを吸引するかという課題に取り組んできました。

脂肪吸引の施術を受ける人が多くなると思われます

脂肪吸引は吸引したい箇所の皮膚を小さく切開して、細いカニューレを挿入し、脂肪細胞を除去します。現在は、カニューレの先から超音波を出して脂肪細胞を破壊してから吸引する方法が開発されています。これにより、血管や組織を傷つけることが少なくなり、ダウンタイムも短くなりました。 最新の脂肪吸引では、皮下脂肪の90パーセントまで吸引が可能になっています。これにより、いままで皮下脂肪が少なく脂肪吸引が受けられなかった人も脂肪吸引を受けることができるようになりました。大量の脂肪を除去する人と、少量の脂肪吸引でいいという人に分かれています少量の脂肪の除去を望んでいる人は、ふくらはぎや足首などの部分痩せを希望する人や、ダイエット後のどうしても落ちないウエストの脂肪を除去するために施術を受ける人などがいます。 今後も大量の脂肪を除去して細くなりたいという人や、部分的に少量の脂肪を除去してボディラインをきれいにしたいという人たちに利用されていくことが見込まれます。

ニキビ跡の完治

ニキビやニキビ跡の治療方法は、いくつかあります。メスなどが必要ないレーザー治療は、痛みが無く安心して治療が行なえます。まずは、クリニックや皮膚科でカウンセリングを受けましょう。

Redmore..

目下のたるみ解消

手術で余分な脂肪を取り除くと、目の下にできてしまうたるみを解消することが可能です。手術を行う方法以外にも、レーザー治療やヒアルロン酸の注入などで解消することも出来ます。

Redmore..

負担が少ない治療とは

美容外科では、専用のチューブを使い脂肪を吸い取る脂肪吸引の治療法があります。この治療法の魅力は、メスを絶対に使わないということです。女性にとっては、下半身に脂肪が付きやすいため人気があります。

Redmore..